スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
徒然
何を思ったか、和裁の学校時代のお友達、とうか、、憧れていた異性の友人。

FBを触りながらよく理解していない機能などいじりながら何を思ったんだろうね、その彼の名前で
探したら、、イター∑(゚Д゚)
私、ストーカーみたいじゃない。
イタイ人みたいだし、、見ない方がいいじゃろ、なんて頭の中で理性の争い。
私の理性、負けました。興味あった。

幸せそうでした。すごくうれしかったわ。意外とこうゆう感覚になるんだね、と自分自身で感心したわ。

四年間、バカな話をしたり飲みにいったりしてたけど
沢山、折れそうになった心をこの友人がいてくれたおかげで乗り越えられた。和裁を続けれた。
助けてもらった人の中のひとり。
本人は何も気づいてない事でしょう。

一瞬、なんとも言えないあの頃の青春の気持ちを取り戻せたよ。

まだまだ、子どもが小さいみたいで、やさしいパパしてんだろうな、なんてあの頃の顔のままで想像したわ。

なんか、雨あがり後の虹を見つけた感じに似てる。


なんか、時の流れがはやく感じる。
[2013/05/29 16:19 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<幕末 | ホーム | 今年も>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。