スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ふと…
和裁士として仕事はしているけれど・・・実際、着物を着ることも年に数回。

これじゃやはりいけんよねと心では強く思うのです。

そのきっかけになるのは母。

よそ行きのいい物も普段着も・・舞踊の着物姿
見かけるといいなと思うのです。
普段の所作も備わってるからかもしれないけど、自分の着物姿とは違う


で・・先日の舞踊の写真を「お母さんに渡して」って持ってきてくれたかたがいらして
見せてもらうと・・・・
ぼや~~ん

あらっ(^^;;
ありがとうございます!(b^ー°)

母に渡しておきます~とお礼を伝えて。。

その写真、写メしましたので早速アップします。

20111218230030.jpg

先日の半身の着物。
青系の紫だったんですが舞台のライトとあいまってなのか??ですが・・ピンクで写ってます。
顔の表情も白く飛んでます(^^
ちょうどアップするには加工しなくてよかったんです。

膝の上でのチクチク仕事。それもコテも遣わず・・大きなアイロンで。
仕事の内容を見たら・・なんとも~と思うところが満載ですが、それでも舞台で映えてるし。
でね、色々思うんです。

半端の反物を買って、もう半身は手芸やのちりめんを買って舞台衣装を自分で作る。
そして、舞踊を見た人から感動したとか、元気をもらったって連絡をもらって楽しくやりとりをしてる。

あの舞踊の後、母の年代のおばさま方ばかりで持ち寄りの集まりが何度あったか。
あの着物、活かされてる着物だなぁって思う。

少なくとも私の着物よりは。
[2011/12/18 22:40 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ここにきて | ホーム | ラジオ波>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。