スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
続・全国和裁研修会
続きを更新するのに時間がかかりました。
決算前なので書類の準備やらしておりました。ゆっくりと書類を見直しながら
講習内容のふりかえりを書いておこうと思います。


講演の内容について・・

総合テーマ「私の使命感」

第一部「これからのきもの」
第2部「支部への思いは恩返し」
第3部「和の文化の伝承~教師としての実践」
第4部「美しいモノを残したい」

20111028131820.jpg


まず・・・一部
いきなり、、、眠気!!(スイマセン)
数式を書いた紙を見ると頭がついていかん~~
でもでも、、よくできてます。
会場の中で携帯で自分の寸法を入れて裄の計算してみるとジャストサイズ!
他のも帰宅して計算してみました。何がよくできてるかといえば
なんと・・計算式がセンチで入れて尺で寸法が出るとゆう・・・
便利!!
どうしてそんな計算式が出来るのか????訳ワカメ~~(古い)
頭のいい人ってすごいわぁ。その数式を求める基になるところから説明してくださったんですが
そのあたりの内容は頭に入っておりません。難しい~
メモしている内容をみかえして思い出そうとしていますがすでに無理でした。
質問されていた方も男性でしたが・・質問内容難しい(^^:
支部へ返り皆さんへお伝えするとき・・・計算式しかお伝えできそうにありません。。どうしましょ。

そして2部
富山支部長のお話
運営のあり方や実践など発表されました。
過去~現在までの変化から、組織の内容、勉強会など。

3部
若いっていいわと心から感じた。
何故かと言いますと、この発表をされた方は高校の先生
着物文化の衰退を感じ調査し数字としまとめていました。
なにがどうよかったか、、、高校生が授業の中で(服飾の専門のコース)染色や和裁、着付けを
トータルで学び、着る機会を作り・・
そこで和服の世界をもっと知りたいといった生徒さんが次のステップに進んでいること。
最後に生徒によるステージ発表がありましたが見応えがありました。
初めは浴衣によるもの。(自分たちで染めて自分たちで仕立てた浴衣で登場。
その後小紋、訪問着、留袖、袴の着付けをステージの上で発表。
着付けの見せ方がすばらしい。感動しました。
満足~~と思ってるところに、今度は振袖の着付けのステージ
髪も結いあげてつまみ細工のかんざしが可愛くて、すごくまぶしいくらい美しい~
隣の席の人もすごいわ~とつぶやいてました。


和裁士会の会場だけでなくいろんなところでやって欲しい。
学校のPRにもなるはず・・
所作も美しくて、、、未だに感動が残ってる。すばらしかった。
指導された先生に後で皆さんが寄って「先生すばらしいご指導をされてますね」と
声をかけていらっしゃいました。心の中で「私もそう思う!!」って思っていました。
親御さん方も、自分の娘がここまで出来たらうれしいだろうな~

あのステージ、海外でも受け入れられそう。

第4部
漆職人をされていたかた。漢字の中の意味。自分の仕事の意味。
服飾の歴史をもっと勉強しておくべきだったと後悔しながらお話を聞きました。
たくさんの言葉の中で理解できない言葉が私には多すぎた。
日本人の美意識、無駄の中にも美しさを求める。
考えがぶれていないので言葉に力があるなぁと思いながら聴かせてもらいました。

途中、休憩にトマトを用意してくださっていて、(プチより二回りほど大きいサイズ)
たくさん食べてきました。(味が濃くて美味しい)

今回も、、、たくさんの着物を見て・・・着物っていいなとつくづく感じた。

和裁、ずっと続けていかないといけないと思いました。

冊子の後表紙に
「この道より我を生かす道なし、この道を行く」武者小路実篤


なるほど・・・。少し理解できてきたような気持ちになります。

今度はどこで研修会があるのでしょう・・行くことが出来る場所と、環境だったら
また行きたいな~。。今度はお泊まりで。
[2011/10/28 13:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<布絵本 | ホーム | 全国和裁研修会>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。