スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
薄物巻き縫いコート
大変遅くなりました。
巻き縫いコートの作り方講習に参加させていただいたことを書いていきたいと思います。

単のコートの概念をすべてとっぱらっていただいたほうがいいと思います。

単コートの裾返しでいろんな模様を作ります。
透けて見える部分をいろんなデザインで紗あわせのように見えるようつくりました。

袖部分は袖底の縫い代・袖口下、振り・袖付けとすべて1分~1分5厘位にします。
袖口20110621232804.jpg丸み・口下・袖底20110621232806.jpg
かがり縫いが均一にできてないのがまだ練習しないと・・です。
袖口はまぁまぁかなぁ。

普通のくけ縫いでは縫い代がほつれるのでかがり縫いの始末をします。
これが・・本当に時間がかかる。

くけ糸は生地からとりいろいろと試しました。
よりがついたままのもの・・やはりくけてると糸が絡んで作業効率が悪い。
よりをこてで伸ばして使う・・これが一番使いやすかったです。
生地がポリでしたので糸の強度はありました。

そして身頃
まず・・・どの衿に形にするか・・・
先生のコートの道行がすっきりしていたので真似て道行にしたんですが・・・
これが・・・・失敗でした。後悔・・やりなおしたい。
20110621234507.jpg
恥ずかしいので少し遠めで(^^;
千代田とかへちまとか、変わり衿のほうがよかったかもしれません。
あまりにも気に食わないのでこれから被布衿のような衿を取り付けたいと思います。

私が仕立てた道行コートには前竪がありません。
なので前身ごろから前竪が続いています。
それで道行衿をつけるのに苦労しました。下前の身頃は重なり代でカットしています。
着用したとき下の身頃が透けて見えません。


裾返しでどんなデザインも再現できます。それも巻きかがりでつくります。
20110621232801.jpg
裾の返しで波柄を作りました。

先生の持ってきていたコートが数種類あったんですが・・・・神です。すべてにおいて。
そこに近づけるように、今度は正絹で作ろうと思います。。
そして今度は変わり衿で作ります。

絵心があれば・・と何度思ったことでしょう。
先生のあやめに憧れ自宅で絵を描いてると才能の無さにむなしくなり
違うものをと蓮に蜘蛛の糸のデザインも考えましたが拡大してる間に
絵の才能の無さにあきらめ・・・
結局・・・・
波にヨットとかもめとゆう・・・幼稚園のような・・・お恥ずかしいですが
それで完成となりました。
20110621232758.jpg
前竪部分にヨットを配しています。

背中部分が寂しいゆうことでかもめを。
20110621232755.jpg


その波でどんなだけまた悩んだか・・はぁ~~~
波に千鳥もよかったんだけど・・。上手にかけませんでした(::)

絶対にリベンジしてみようとおもいました。

講習といってもこうしてあぁしてと教えてくれる講習ではありません。
できてあたりまえでしょうといったのが基本なので作業の流れとかがり縫いのやり方を教えてもらい
皆さんもくもくと作業をするといった感じです。

四国でみなさんによくしてもらい、楽しい時間になりました。
2週間前まで知らなかったことを学べました。
時間のやりくりをして参加してよかった。

お仕事としてもっていけるように何着か作りたいと思います。
こんなのがいいとかデザインの上手な方、アイデアをプリーーーーズ


[2011/06/21 23:38 ] | 未分類 | コメント(6) | トラックバック(0)
<<あまずっぱ~~ | ホーム | 進まない~p(´⌒`q)>>
コメント
おひさしぶりです^^

以前 和裁を習いたて?の方が先生に紗のコートをつくりたいと言ったら「無謀」と笑いながら一蹴されたということをブログに書いていたをみたこともあり、とても興味深く拝見しました^^たしかに少し和裁をかじったくらいでは、私のように着物になってりゃいいさという神経では「無謀」ですねww袖口のよりぐけはなんとか出来そうに思えるけど(思うだけです、念のためw)口下、袖底となると、きっとお手上げ。いやもう「無謀」だってことがよ~~~くわかりました(^○^):
船とカモメはアップリケですよね、これも大変そう・・:

紗の着物もでしょうけど縫い代を断ち切りにして始末をするのは、縫い直しもきかないしサイズ直しもできないしで、高い技術への畏敬と対価もふくめて、とても贅沢な衣装ですね。

*****

ヤケドその後...いきつけの皮膚科に通ってましたが、皮膚はまだ赤いけどめでたくw完治。でも「紫外線にはあてないように」と注意が、黒ずんでくるしなにより30年ごにはガン化する恐れがあるというのです@@しかも私がヤケドした所は足先、手術できない場所だそうです、この先素足にはなれません::
tomoさんも気をつけてね~
[2011/06/22 13:06]| URL | MK #- [ 編集 ]
実際に
作業し始めると楽しいんですが裾のデザインを考えていると頭の中と現実の違いにむなしくなりました。
紗のコートは縫い代が解れたりするので難しいと思います。
和裁で習うコートならまだ大丈夫だと思いますよ。
袖だけでくたびれた上に小衿で・・・うまくいかず・・・
何度も端切れでシュミレーションしたのに・・・(悲)
お袖の回しかけの角のように小衿を縫います。それで・・これですわ(ーー;)
裏の縫い代もカットするので難しいと言えば難しいんですが・・・・
もう一度作りたい。

絶対にリベンジします。あまりにも悔しい。
波の縫い代も針で加減しながら模様を作っていくので・・時間がかかった。

他の生徒さんがが作られていた古典柄が上品で素敵でした。

私・・・すでにヨットとかもめはとっぱらいました。
これも巻きかがりで付けてるのでとるのに時間がかかりました。
海に関する模様で手ぬぐいを購入したのでその柄で作り直します。


新反で誂えるのは私には贅沢すぎて出来ないので、リサイクル品の絽の喪服や羽織でもう一度研究します。

@@@@

えっやけどが癌化するんですか?
皮膚の組織が薄くなるんでしょうか・・・
足先をやけど・・・どこでも熱いでしょうが皮膚は柔らかいし想像するだけで痛そうです。
お大事にしてくださいね。

私も気を付けます。




[2011/06/22 16:34]| URL | tomo #- [ 編集 ]
すごいです!!
アップありがとう ございます!想像以上の 作品に驚き、そして感激しました。

裾折り返しを利用して 絵羽の様に柄を浮び上がらせる・・・すごいです!!!
こんな素敵なコートを着て歩いたら、着物好きの人に 呼び止められそうですね。

頭が柔らかく、想像力豊か、何よりも 経験豊富で、技術が共わなければ 仕上がるコートではありません。

しつけ糸無しですか・・針先だけで 波模様を作るのですか・・・
袖丸みのかがり縫い、どうしても 断ち切った糸先?が ツンツンでそうなのです、細かい作業だという事がよくわかります。

リベンジ作品 楽しみにしています。
鯉の滝登り・雪の結晶・文字柄は?
[2011/06/23 23:24]| URL | 楓ママ #- [ 編集 ]
ありがとうございます
そんなにほめていただけるとうれしいです。
地の目を3つ分進んだら一針ぬいて一目戻ったところをすくう。この作業の繰り返し。
365歩のマーチのような作業です。(←なんじゃそれ)

初めて先生の作品を見たとき、鳥肌がたちました。

すごい!!の一言です。
先生の作品はデザインもすべてセンスがよくて品があります。
東京で着用されたとき胸元のデザインのあたりに視線を感じたそうです。

興味のある方だったら絶対に声をかけますよね~。
偶然ではありましたが本当に今回学ぶ機会に参加できてよかったです。

デザインは同じ大きさの紙に書きました。
曲線ばかりなのでチャコでうすく模様を写しましたが、デザインによっては
しつけをしたほうがいいと思います。
私は自宅で波をつけていっていたんですが,模様のところで地の目がおかしくなってて生地に無理がかかっているところが出てると指摘してもらい縫い直しました。
くじけそうでした(;;)

デザインアイデアありがとうございます。波柄があるので海とか水に関する
手ぬぐいのデザインばかり見ていました。
帆船とか鯨・鯉など考えてはいます。
(絵がおこせない・・)

一週間、仕事中もいろいろと考えてましたよ~
家紋帳を眺めたり・・・。

あえて抽象的な柄もいいかなと思います。着物を包む風呂敷が寿の漢字を
くずしてる模様が集まった柄なので手間がかかるけど面白いだろうなぁと思っていました。

他の生徒さんのコートもすばらしかったです。
コート衿の見返り部分をデザインされていたり、透けてる生地の間にレースを挟んでいたり・・・

ここまで教えてもらったのでここからは自分で研究していきなさいねって課題をもらったように思います。

そして・・夏コートを着てくれる着物女子が増えて欲しいな
もちろん男子も。
[2011/06/25 15:31]| URL | tomo #- [ 編集 ]
取っちゃったんですか@@もったいない~職人さんですね~^^お召しになったアップも見たかった。残念。リベンジした際はお召しになったアップをぜひおねがいしますよ~

先生は完成品を販売してるんでしょうか、ネット販売してないかなf^^

お二人のコメントを読んでて連想したのが「無知は罪」、そして江戸風物のミニチュアを作る職人さんが「実演販売はしたくない」といった言葉。それに携わったことがない人には熟練の手技が、いとも簡単そうに作っていると見えるそう‐‐:
和裁も知れば知るほど奥が深いですね、「無謀」実感です。月に一枚のペースじゃ、入り口あたりをウロウロして終わりです、ずーーーっと向こうの灯りは見れない、とおもう。チャレンジするのもやめておこうとおもう、チャレンジしたいとも思わない、そこからとちがう。職人さんはすごいなぁ。tomoさんすごい(拍手)


***
紫外線。日光浴しないとビタミンDをつくれないそうだけど、あびすぎないほうがいいですよ、かくれシミが浮かび上がってくるし、シミがもりあがってガン化するってこともあるし、父が皮膚科でそういわれました。長く生きてるとその分あびた紫外線が累計されてていくからと。父のは良性で液体窒素つけてフリーズさせてとりました。
tomoさんもですがしろちゃんも気をつけたほうがいいですよ、白猫さんは毛の薄い耳先に紫外線があたりすぎると害があるらしいですよ、要注意です。
[2011/06/26 13:53]| URL | MK #- [ 編集 ]
和裁って
形にできればいいと思います。
私は仕事にしてるのでそれで食べれないと(^^;いけないので・・・・
そんなほめていただくと・・・恥ずかしいです~

形にするのであれば紗のコートでも縫えますよ。たぶん・・
仕立てを始めたばかりだと絶対に一度じゃ覚えれないと思いますけど・・・形にするのであれば大丈夫です。。

今回、学ぶ機会に参加して一番変わったことは基本を守りながらくずすこと
今まではその遊びができなかったんだなぁと思いました。

似たようなものは誰でも作れるんですが、どこで違いをつけるか・・・魅力的なものにするか・・
考えてしまいます。

先生は・・すっごくパワフルな方で魅力的です。気になったら作りたい!すぐに行動されます。
技術をみんなに教えたいとずっと思っていたと・・教えてくれました。
20年前に先生が東京で見かけた作品に触発されて自分で何枚もいろんなタイプのを作ってそれを教えてくれたのです・・・
なぜ20年も前からあるのに広まらなかったのか・・
そのあたりが気になります。今ならいいんじゃないか?
と商売人のような考えもふつふつとわきあがります。
私はまだ教えてもらう側なのでまだまだたくさん仕事をして勉強しなければいけないと思います。
着物を楽しむ・・・それがまだまだ私には不足しています。


紫外線
白猫もそんな危険性があるんですね~
気をつけたいけど・・白ちゃん自由なんですもん~~;;













[2011/06/27 20:59]| URL | tomo #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。