スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告

昨晩、お袖を作ろうと思ったけど・・・・
色糸が合うのが在庫きれでやる気をそがれ・・(^^;
違う作業をすることに。

また前回と同様。。仕立て待ちの商品を山にしてみました。
これが本当の仕事の山!


20110609111427.jpg
深夜に撮ったからかなんか写りが暗い~


全て裁ちが出来ていませんが今月(出来れば)の仕事。
大島袷3・結城袷1・紬単1・襦袢単1です。

きっと今月は週末に用事があるのでいくつか来月に回るでしょうね。

とりあえず・・・この山を何とかしないとね。

今回の仕事へ取り組む私のテーマ

お客さんが喜んで着てくれているところをイメージしながら縫うこと。

同じ生地の商品が多いので裾芯をそれぞれに変えてみること。
裾芯にしていた生地も在庫が少なくなりつつあります。
キャラコ、モス、胴裏で仕立ててみようと思います。
(着用にも出来上がりにも関係ないのでご心配なく)
次回からの購入をどの生地にするか改めて考えてみようと思っています。





[2011/06/09 10:47 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<今年初 | ホーム | 気持ちの問題>>
コメント
裾芯選び
昔は、八っ掛け生地が長かった?八っ掛け生地・ぼかし八っ掛なら試し染めの部分を 
(裾がすれても 同色なので目立たないと言う理由から)
裾芯にしていた 頃がありましたが、接ぐのが面倒なのと 
試し染めの部分が無くなったり、着丈が長くなり 裾芯分が取れなくなったので
何時の頃からか、モスを水通ししたものを 使うようになりました。

モスリンの長襦袢生地も 張りがあっていいですよ。
いい芯地が見つかったら 教えてくださいね。

暑くなると 仕事のスピードが落ちるし、涼しい時間を選んでの夜の仕事も 目が疲れますが、
ありがとうの言葉を励みに 頑張りましよう!


[2011/06/10 00:08]| URL | 楓ママ #- [ 編集 ]
試し染め
そういったのもありましたかねぇ
(記憶が曖昧な私(^^;
裾の染めの部分があったような記憶が・・・はっきりとは思い出せない

私も水に浸して縮めてから使用は和裁学校時代からずっとそのままです。
キャラコを裂いて(地の目を通して)つかっていました
それを準備するたび、ストレス発散するかのようにシャーって生地を裂いてました。


モスはなんか生地が気持ち厚いような気がするし、胴裏だと薄すぎる気もするし・・・
モスリンの襦袢生地
もったいなくて使えないですねぇ。柔らか物とかによさそう。

以前ネットでキャラコを頼んだら糊が効きすぎていて大失敗したことがあります。
勝手にてれんてれんなイメージがあったので・・・

癖がない生地と言えばモスなんでしょうね。

そうです。。夏場は膝の裏に汗をかくし・・・
作業効率が下がりますよね。
目薬と扇風機・首に巻く保冷剤が欠かせない時期がやってきます。
ありがとうの言葉・・・本当にそれにすくわれます。
[2011/06/10 10:41]| URL | tomo #- [ 編集 ]
モスリン
こちらではメリンスと呼んでいます、メリンスもモスリンも毛100%のはずだけどある呉服屋のオヤジさんはモスリンは化繊、化繊混といって区別してました、そこではメリンスの無地を10cmから量り売りしててよく買ったものです。このお店は震災の影響で閉店します、ただいま閉店セール中。名残に反物を買いました。

教室では無地八掛のときは最初に裾芯を切り取るように、ボカシのときはその色に近いメリンスを使うと教わりました。試し染めはそのときは見たことはなく、最近買ったもので初めてみました。でもチョット裾芯にするには足りないような...

無地=紬  ボカシ=やわらかもの と区別してました、無地のパレスや精華はあったんだろうけど見かけたことはなかったな~

ネットで和裁士さんのブログをみたりリサイクル品をといたりすると、ほとんど新モス、胴裏なので、@@でしたね。私も使ってみたけど、今はリサイクル品からでた洗い張りした八掛を使ってます、やっぱり使い慣れたのが一番いい^^接ぎ合わせはそういうもんだと思っているので気にしたことはないな~ メリンスを裾芯にするとふっくらと出来上がります、が、縮ませて使うとは教わらなかったので当時あの教室でつくられたた着物達はどうなったかなぁと想います。

新モスとメリンス  当時、30年ほど前までは、こっちが田舎のせいなのか‐‐:北国だからか、普段着用の着物には正絹でも裏地はこれでした。しかも新モスは縮ませずそのまま仕立てた。今、考えると@@っな感じなんだけど裏地としてどっちもちゃんとした商品としてあった、並幅だから縮ませてからだと巾はたりなくなるし、縫い返すときに裏地をかえるのが普通なのでそのままつけたのかも。

暑い季節がやってきましたね、自室は二階にあるので、もう30℃あります。こんなときは私は何もしたくないですが、でもエールはおくれます、\^。^/頑張ってください。でも倒れないでね~、ご自愛してね~。
[2011/06/10 13:39]| URL | MK #- [ 編集 ]
メリンス
実際は耳にしたことはあるけれど違いがよくわからない私です。

~~~でありんす~って頭でイメージしてしまい・・・(ごめんなさい、親父ギャグで(^^;

あまり自分で裾あわせまで解くことがないんですが、八掛の裾芯には遭遇してないです。
皆さんの習われたところの教えを知り、なるほどなぁと感心しています。
いろんな意味があるんですね。

今回、大島で使用します。
フキをなるべく少なくするのであまりしっかりした生地じゃないほうがいいかなと思っています。

八掛は紬には紬を・・ではなくなっていますね。パレスのほうが裾が擦り切れにくいのもあるんでしょう。
その擦り切れも裾芯の硬さにも関係すると思っています。
はっきりと断言はできませんが・・・
先日納品した白大島もパレスのぼかしでしたよ。
裾芯はキャラコです。

接いで裾芯を作るのもエコですが・・・・
その手間と時間がもったいない気がします。
胴裏もお客様に返却してるのでないなぁ。

新たに胴裏をカットするのももったいないんですが今回衿裏が一枚余ってるのでそれからとります。


新モスはあまり縮まないので裏に使用しても大丈夫かと思います。以前赤の襦袢が欲しくてヤフオクで落としましたが・・届いてみたらネルが使われていました。
赤のネルだから逆に珍しくてびっくりしました。
画像ではてっきり紅絹が使われているものだと信じていましたから・・・・
お住まいの環境に合わせての工夫なんでしょうね。

MKさんのお部屋、我が家よりも暖かいですね~。2階にあがってると途中で温度の変化がわかるんじゃないですか?

エール、ありがとうございました。
うれしいです。

[2011/06/10 21:25]| URL | tomo #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。