スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
振袖長襦袢
次に振袖長襦袢です。
預かったときは堅衿(関東方面の方は下衿といってるところ)は4寸。
20110108074813.jpg

裏にしず付き(胴裏が付いてる)で、居敷当てつきの仕立てでした。
胴裏が横糸が正絹ではなかったですね。静電気が心配です。

身幅直し、身丈直し、堅衿付け直し、衿も一部付け直しです。
まずミシンのほどきに時間がかかった。

身丈を1寸詰めて仕立てるのでどの手順が良いのかしっかり考えながら・・・
背縫いの裾を解いてると居敷あてと表の生地を背縫いの段階で一緒に縫ってるのを見つけショック
効率を一番重視しているんでしょうか。う~~~ん。

身丈を裾返しで調整して堅衿をつけなおしました。通常の2寸幅の仕立てです。
衿肩周りだけ残していた衿もきちんと付け直しきれいになりました。
最後に脇縫い直し。居敷当ての始末。袖付け。

その画像がこれです。
20110108074804.jpg


友人に納品したらはじめよりもきれいになったと喜んでくれました。
ダイレクトメールの振袖店に買い物に行く前に相談すればよかったと何度も悔やまれていました。

でも満足して購入した着物なんだから大切に着てあげて欲しいな。
親も子供にしてあげることが出来るんだから幸せ。子供もいずれありがたかったなと
感じるときがくるはず。

この成人式で一人でも多くの着物ファンが出来て欲しいなと心から思います。


[2011/01/08 07:37 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<剣道の試合 | ホーム | 振袖>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。