スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
衿先の始末
調子にのって今日は3度目の投稿
なかなかブログの更新も出来ないので・・できるときにしておきます。

アンティークの単の着物の仕立ての画像から

袖底の縫い代から身丈分を確保し、衽の不足分を主衿の下前部分からとり。
掛衿を主衿に継いで中にシンモスを入れて仕立てました。
主衿をつまんで掛衿もどきを作る仕立て方です。要尺が不足している時や汚れがひどい時などの
やりくりの一つです。

その中で衿先の始末の仕方を一つ。
濃い色の絽・紗の着物のときなどに気をつけて仕立てます。
表から見て裏衿が透けて見えないように仕立てます。

すける着物の衿先の始末2

衿先の縫い込みが少ない時は特に気をつけなければいけないです。
同じ生地のキレがあればそれを
なければ似たような色目の生地をつけます。

絽の向きが違うところが生地を置いてる所。
(衽と衿先の縫い代に縫いとめています)

透けない生地などの時はしなくても大丈夫。
透ける着物の衿先の始末

このキレ一枚で見た目が全然違います。
もう一枚つけてない画像も撮りためていたつもりでしたが・・どこに行ったものか見当たらず・・
比べてみるとよく分かるんですが・・残念!

この着物はいろんなところで継いでいますが(身頃・衽・衿)とっても素敵な着物に出来上がりました。
衽の縫い代まで胴裏をつけました。揚下から胴裏を入れるので脇の処理の仕方を
もう少し改良したかったのでもう一度同じような仕事がしたいなぁ。

大切に生まれ変わることが出来た一枚だと思います。
偶然で良いからこれを着てる持ち主に会いたいなぁ。

[2009/08/08 21:55 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<お盆 | ホーム | 袖丸み(口下袖底縫い代が直線になる方法)>>
コメント
暑くって
ストレス溜まりまくりです。気がたって誰彼無しに八つ当たりしそうです(-_-)そしてかなりボケてます。何度も記事を読み返しやっと理解しました(-_-;)額縁はやればできるかも、絽の衿先は参考になりました。袖の丸みの絞りは?ですね、できないかも^^;
たくさん教えていただきありがとう。勉強になりました。


父が退院して二週間たつけど雑用ばかり増えちゃって和裁してません。もう二ヵ月も襦袢がやりかけのまま(^^;確か衿にマチ針をさしたまま…錆びてるかもしれない(笑)


「縫う」と「きもの仕立ての勘どころ」はパラパラとめくっただけだけど良さげです。【未熟な技でお金はいただけない云々】というような言葉があって身にしみましたね~ でも年々雑になっていく私、いいの「着物」になってれば(爆)
[2009/08/09 21:30]| URL | MK #- [ 編集 ]
こちらは
MKさん

雨が多くて湿度が高くまだ夏を満喫できていないです。

今は暑いのでもう少し落ち着いてから和裁をされても良いかもですよ。(日限に余裕があるのなら)
和裁をする部屋は扇風機しかないので汗が付かないようにタオルを足に置いたりしてます。
お父さんもご自宅を満喫されているようですね。それとお盆が来るからいろいろと雑用がありますもんね。気にされているのではないかなと思います。
頑張りすぎないように適当に気を抜いてお互い頑張りましょう。私も実家のお墓掃除がまだ手付かずです。明日する予定です。

和裁
説明してると言葉が出てこなくて、わかりにくいのに見ていただいてありがとうございます。
少しでも参考になるところがあれば真似てみてくださいね。
講習会ではいろんな技術の公開をしてるので自分の仕立て方以外の仕事を見ると興味津々です。
袖丸みはきっと和裁をされている方でもわかりにくいかも。特に丸みを隠す絞り方は説明しにくいので目の前でこうしますって見てもらうのが一番かなと思います。

縫い代の事なので気にしなければしなくてもいいことなので・・。(*^^)v
着物の形になればいいとおもいます。

衿先の始末は面倒だけど一手間で全然違います。
検品する時の寸法以外のチェックの一つなんですよ。
たまに衿裏の生地が目立っていたり(表側から)すると・・直したくなります。
喪服の場合とか(衿先にネームを持ってくる場合とか)とくに衿先の縫い代の長さが十分ないときなど特に気にして仕立てていました。
縫い代を隠すだけの残布がないときはモスをつけたりしていましたよ。

経験年数だけで技術は比例しないとは思いますが日々新しい技術を吸収しながら仕事をしたいなと思います。
数を縫うだけでは次の仕事につながるとは限らないのでいろんな付加価値をつけた仕事をしていきたいです。

今この年齢になって思うことは若い時にみっちり修行できたことが本当に自分のためになっていたなと特に思えるようになりました。
直して!って先生や先輩時にはお店から直しがあるのを自分だけでなく他人の経験も体験できていたことが大きいですね。

またいろんな勉強の場に誘われているので人に説明できるだけ自分のものに出来たら公開しますね。

【未熟な技でお金はいただけない云々】の言葉に気を引き締める思いです。
工賃が安いだの云々ばかり行っていられないな~σ(~_~;)
[2009/08/09 23:52]| URL | tomo #- [ 編集 ]
今日も
ヘタレておりました。子供の頃から夏は生きてるのがやっとの私、tomoさんがエアコン無しでお仕立てなさってると知りタマゲました、脱帽です。そしていつも父のことまで気遣って下さってありがとうですm(__)m
こちらは今年梅雨明けしないで終わりそうですが岡山のほうは大雨で大変な被害がでましたね、tomoさんの所やお母さん、やすらぎ王国は大丈夫でしたでしょうか?


仕立てのこと、知識欲だけ旺盛でテが追いつかないものだからつい「着物になってればいいわ」と言ってしまう。悪いクセですね(^^;襦袢はお盆あけまでほおっておきます、日数制限はまったくないんです、おうち着物しか着る機会がないし、着物で介護はちょっと無理だし、ゆっくり気長に構えて縫ってます。年金もらう年になったら毎日でも着れると思うので…今はその準備中なのですねぇ…それに高齢になると暑さも感じなくなるみたいだし、憧れの夏着物も着れるかも~なのです(^^ゞ
[2009/08/12 00:06]| URL | MK #- [ 編集 ]
こちらは
じんわりと暑いです。顔中から汗が出てくる感じ。

今年は本当に洗濯物が乾かない夏です。
イライラしてしまいます。
それでも幸いなことに被害もなくありがたいです。同じ県内でも亡くなった方もいて、被害も大きくて雨の怖さを改めて感じました。
国王の所も大丈夫そうだと(^^ゞ(ウチから車で1時間半)思います。
ブログではお元気そうですよ。。"^_^"
ここを読まれていたらいいんですが。
ご心配くださってありがとうございます。

和裁をするときや料理をするときは首から頭からタオルを掛けてまるでおっさんのような状態です。
(自分はおばさんですけど・・・・(^^;;;;)
クーラーがあればつけますよ。私も。
快適ですもん。便利な方へすぐ流れます。

窓を開けて風を入れながらラジオを聞きながら扇風機の風に負けないように早めにへらを入れて・・
そんな感じですよ。(だからムカデも入るんでしょう。。)(怖)
あと2ヶ月もすれば快適な時期が来るはずですから・・もうちょいの辛抱。

私も着物で生活したいです。
絣や綿やウール着てたまに一張羅着て食事したりお芝居見たり、コンサート行ったり。
あこがれますね~。
そのときも、月に数点仕事をしている環境にありたいです。
そうそう、指導員講習の時に先生が言われていた言葉、前にも書いたことがあるんですが
能力=(知識+技能)×やる気

だそうです。だから知識欲はとっても大切なんですよ。
[2009/08/12 23:28]| URL | tomo #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。