スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
行ってきました。
日曜日・・・剣道の試合に行ってきました。
子供がメインなので親は応援!

ずっと土用稽古で翌日が試合とは・・・ゆっくり寝かしてほしいんですけど・・それはしゃあない・・・あぁ~

自宅から一時間くらいの会場だったので、気になる美術館に寄り道して帰りました。


安藤忠雄さん設計の成羽(なりわ)美術館。
スイスのおもちゃ展も企画されていたので子供をつれて遊びに行きました。
(Mさん、吹屋ふるさと村の近くなんですよ~、ここ)

nariwa bijutukan


見たとたん、、らしすぎる建物に感動し・・展示してある児島虎次郎の繊細な絵にもその時代の着物姿に見入ってしまいました。


神戸の南京町にある摩擦で水しぶきのあがる洗面器のような水桶
(名前があったんですがドワスレ)魚の柄がきれいでした。
子供がいなければもう少しゆっくりと見れたんですが仕方ないです~


秋に直島の地中美術館にも遊びに行く予定なんですが、ここも同じ建築家。
ベネッセの会長が財団を設立して運営している美術館です。
先日ここの館長の講義をうける機会があってそれで興味津々。
フェリー乗り場も工事中とかで完成予定図に惚れてしまいました。

10月にあるスタンダード展Ⅱに参加しに行きたいと思っています。
[2006/08/21 21:29 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<青春18切符 | ホーム | お誂え>>
コメント
直島ですかぁ・・・
ベネッセはあたしの雇い主でもあります・・・(^_^;)
会長には会ったこともなければ、直島にも行ったこと無いけど・・・・。
ステキなとこっぽいですね・・・。
キモノを着るとこれまでさほど関心のなかった美術とか芸能とか、、、
自分の中のアンテナが変わりつつあるのが何か不思議だけど面白いです。
[2006/08/21 22:58]| URL | nao #- [ 編集 ]
そうなんですか。
ベネッセで働かれているんですか。。
会長は本当に気さくな方らしいです。私も直接お会いしたことはないですが、、、
直島は香川県になるんですが今から20年以上前から少しずつ企画、運営していた事業のようです。
美術館がメジャーになる前に古民家再生、そして島を元気にすること、地域の力で村おこしに成功したところです。
暖簾や屋号プロジェクト、現代アートとの融合できっと満足できるのではと思います。
PRの仕方が上手いなぁとおもいます。
アンテナの変化・・やはりそうですよね。アンテナがアンテナをよんで、興味の対象が広がりますよね。

アクセスは面倒でもそれだけ魅力があるところ、人をひきつけるところがすごいなぁと思います。
[2006/08/22 09:41]| URL | とも #- [ 編集 ]
直島。
わたしも11月に行きますよ~~。
ベネッセの宿泊施設に泊まりたかったのですが(という声が多数の中)
士会のおっさんが 「直島にはネオン街がないからいやだ」と言い張るので 高松にお泊りします(--;) 何も観光地に行ってまで 飲みに出なくても・・・。夜の地中美術館ってステキそうなのに・・・。

安藤センセの建物は どれも同じような感じですよね。大体打ちっ放し。で半地下。
尾道美術館の増築の設計(これは半地下じゃなかったですが)をされたんですけど 完成前に安藤センセの講演会を聞いて 一緒に工事現場を見学しました。 講演会でも 直島の話が出てて行ってみたいなーと思ってたんです。
[2006/08/22 18:46]| URL | M #halAVcVc [ 編集 ]
ちょうど
スタンダード展をしてるので楽しめますね。
ベネッセの宿泊施設、パオに泊まり損ねてしまいました。今はないですね。。。
夜中は真っ暗になるとか・・・
福武さんと館長と建築家を誰にするかではじめもめたとか話されていました。会長のはじめからの希望で安藤さんになったようです。(裏話)

港の建築家はサナーでしたか、ルーブル美術館の中庭の展覧会で入賞された男女ペア?のデザインらしいです。むちゃくちゃシンプルでしたよ。
建物の中からの予想図、船から見た島との景色。素敵すぎる!
パワーポイントの画像に釘付けでした。
古い民家の中に金属だとかアクリルであったり、風になびく人工の林をつくりベンチで休む。
今進めている企画もお話されていましたが、聞けば聞くほど行きたくなつてしまいました。

サナー海外での評価のほうが日本よりもすばらしいみたいですね
日本ってなかなかそういった才能を認めないから、技や才能は海外からの評価のほうがある意味正しいと思います。
もしかしたら偶然、お会いするってことになるかもしれないですね。

安藤先生の半地下・・
建物の周りの水面の光が窓から入ってきて、きれい~。お便所にいく目線の高さにちょうど水面がくるようになってました。
らしすぎるといえば、らしすぎて、それが余計に素敵でした。ひとつ難点を言うなら・・
小窓にくもの巣がはっていたこと・・惜しい。田舎なんでしょうがないかな~。
[2006/08/22 23:48]| URL | とも #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。