スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
敷布(ネル)
20090601210823.jpg
やっとの事でネルを見つけました。この田舎ではネルの布を置いてる手芸店がなくて
布絵本の材料を購入しに行った市内のチェーン店でやっと見つけたので購入。

新しいって気持ちいい。何年ぶりだろう。。。もう5年はつかってるなぁ。

汚れては洗い、反対側を使い・・コテの温度調整が利かなくなってから敷布が
薄茶色くなってしまった。
反物が汚れるとかはないけれど・・新しいのを買ってみたら改めて汚れていたことに気が付きました。
夏物で色の薄いものが多くなるのでちょうどよかったかな。

前のネルは仕上げ用の敷布にまわします。
その前にもう一度洗濯しよう。今までありがとね。
[2009/06/01 21:03 ] | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<ぶっとい | ホーム | 別居>>
コメント
心機一転
ですか?


結婚生活も長くなると惰性的な日々が続くだけなので少し離れるとお互いの良さがわかるかも(^^)私の場合 実家で父(93才)が1人暮しなので週1泊まりに行くんだけど 家族は最近になって私の重要性がわかったみたい(笑)主婦が居ないと困るのよ(^^;


ネルも新しいと気持ちがいいですよね。私も以前仕立て台において使ってたけど今はテーブルにアイロン台おいてます。以前のネルは物入れの奥の奥に入ってて取り出せない(--;)ネル 使い勝手がいいんだけどね…こていたも行方不明だし(; ;

仕立て台 バイダ って呼んでるけど、これってやっぱり津軽弁かな?


今 絽の襦袢縫ってます。絽目を通すのは面倒ですね(+_+)もう適当にやっちゃいました。また まいっか~ですわ(^^; 見頃は揚げで調整しましたが袖下が難ですね。下衿の鉄砲付けはtomoさん方式でやりました。イイわぁ このやり方。教えて下さってありがとうm(__)m
[2009/06/02 00:30]| URL | MK #- [ 編集 ]
(^^)
そうですね~。
その言葉が今の状況にぴったりです。

MKさんがお留守の間困ってる家族の状況想像がつきます。
いくらお嫁にきたからってお手伝いじゃないですもんね。いやいや家事してる訳じゃないけれど、当たり前に思われるのはあまりいい気はしないですよね。

MKさん、ご家族が気がついてくれてよかったですね。(^^)それに実家のお父さん、幸せですね。
うれしいだろうなぁ。


私もアイロン台とか紙製の板をつかっていたときもあったけど・・
結局原点に戻るです。針が打ちやすいのとコテを当てやすい。しばらくフカフカですがもう少し
くたびれた感じが一番しっくりきます。

そうそう、私もバイタって呼んでいましたよ。
懐かしいです。大阪の学校でもつかっていたから業界用語なんでしょう。きっと。

絽・・・お疲れ様です。
仕立てやすいと言えばそうですが・・・
生地により地の目を通すと釣り合いが悪くなったりしますが・・
最初のヘラ付けの時点でしっかりと生地を落ち着かせておけば大丈夫かなと思います。
私も地の目を通すのはそのときの気分でちゃちゃちゃっと出来るときもありますが
地の目が一本二本とずれて縫い代の重なったところがずれたり・・・
最初に爪折りして癖をつけて出来上がり線をコテで押さえます。
でもずれてしまうんですよね~。
私も自分のだと「まっいっか~♪」です。
見頃の揚げ、袖下の処理ですか?
私も未だに振袖長襦袢が続きうんざりしてるところです。。。
ご勘弁~~です。






[2009/06/02 17:54]| URL | tomo #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。