スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
図書館
数年前まではよく図書館に通っていたんですが最近はめっきり。
GW中にお気に入りの図書館から数冊借りてきたのと、晴嵐さんのコメントにあった
本が読みたくなり(*^_^*)ちょうど図書館近くで用事があったので
グッドタイミング。

県立図書館では3冊
他のところで9冊。
返しに行くのが遅れそう・・・・

20090509105011.jpg


不況とずぼらとダイエット・・パワーストーンなど。。眺めることが出来る雑誌を主に借りました。
右上にある青木雄二と魚柄仁之助・・・
儲け道を読んで古物商を取ることを決めました。
飾りのない、だけど本当の贅沢な暮らしを楽しんでる所が面白く読めますよ。
懐かしくてもう一度借りてきました。いまのこの時代、読み返してみたくなったんです。
これには続きで裏儲け道もあるんです。
漫画家で成功した青木雄二も好きなんですよね~。すごく印象深くて言葉が生々しいけれど
この人の本を読んでかなり考えました。きれいごとと現実・・とかね。

で・県立図書館でボランティアをしていた時のメンバーに偶然遭遇。
どうしてるん?って声を掛けてきてくれました。偶然活動日と重なったみたい
昨年まで県立図書館で布絵本製作のボランティアをしていたんです(詳しくはこんな感じ↓)

布絵本・ボランティア県立図書館

ですが・・・この作品でかなりの手直しを皆さんにさせてしまい・・・申し訳ないかぎりのまま・・
謝りにもいけてなく・・昼の仕事と着物の仕立て、他の活動の事で時間が確保できず
ガソリンの高騰の時期も重なり県立図書館のボランティアを辞めさせてもらいました。
少しだけ自分の中で図書館の敷居を高くしていました。そんな状態でしたので
偶然とはいえそのメンバーに出会えたことにうれしく直接謝ることができたことで少しだけ
肩の荷が下りた。
現状をたずねてみると・・2度目の募集のボランティアも最近は減ってきてるようです。
少しだけ有益な情報もお伝えしてお別れしました。
嬉しい偶然でした。

皆さんのお気に入りの本は??


[2009/05/09 15:57 ] | 未分類 | コメント(9) | トラックバック(0)
<<どたばたな一日 | ホーム | 支部総会>>
コメント
図書館
私も足が遠のいています。

仕事場近くの図書館に帰りに寄って色々借りていたのですが返却最終日に必ず電話が入るのです。最初はきっちりした所だなぁって思っていたのですが、地元の人は「3ヵ月ぐらい過ぎたらかかって来るけど…」通勤者は信用ないってことかしら?となんか嫌気がさして行っていません。早く返したらいいだけなのですが、行くと沢山借りてしまうのでなかなか読み終わらないのです。
でも遅れる事はないのですが…。

最近は母の借りてきたのを横取りして読んでいます。


MKさん
私も先生の所を辞めて自分のものを縫った時、売り物だったら絶対直しだろうなぁって思うのも、まあいっか~で行ってしまいました。(汗
売り物を縫わないと腕があがらないとおっしゃっていた先生の言葉が思い出されました。
売り物を縫っても腕があがらない人達もいますが…(苦笑)

自分が縫った事を忘れて、他人の目を持って仕上げ検品をするのと、必ず悪い所を見つける事が大切らしいです。
[2009/05/09 22:04]| URL | 晴嵐 #- [ 編集 ]
お気に入り
中学高校の頃は柴田錬三郎 司馬遼太郎 杉本苑子 永井路子 梶山季之 などを読んでましたね、ついで池波正太郎 藤沢周平 塩野七生(ルネサンスもの)群ようこ(猫もの)遥洋子(漠然とした自分の気持ちが言葉になってました)あとは「十二国記」「デルフィニア戦記」 これはお子さん達が読んでるかも(^_^)最近は肩のこらないハーレクィンとか読んでます(^^;



話題にした反物 買っちゃいました、着る予定は全然ないしいつ仕立てられるのかもわからないのに買っちゃいましたよ~^^;
「きらくや」さんの仮絵羽小紋 江戸更沙模様…ウォッチしてた反物達が次々お嫁入りして行くのでアナタは私のところに来なさいと(^_^;)

習い始めた頃 縫い目は細かく丁寧にを心がけてましたが親をはじめ周りのオバサン達は全く逆のことを言いましたね。今 そのオバサン達と同じ年代になって ま いっかーの多いこと(苦笑)自戒してもテは上がらないんですけどね(^o^;)
[2009/05/10 15:58]| URL | MK #- [ 編集 ]
すみません
昨夜、コメントの返事してる途中でFC2につながらなくなりました。
早朝から先ほどまで子供の剣道の試合に出かけていました。
疲れましたです。(*_*;

図書館の本ですが・・・連絡があったのは通勤者だからじゃなく次の予約が入っているのでは?と思います。

でも借りるたびに連絡があるのはなんか感じが悪いですよね。

晴嵐さんは遅れないんですね~。凄いわぁ。
褒めるようなことではないのだろうけど
私はこの当たり前の事が出来ないで迷惑掛けることも。。(モウシワケナイ)

ゆっくり図書館で本を読みたいなぁといつも思います。

[2009/05/10 16:01]| URL | tomo #- [ 編集 ]
>MKさん
いろいろと読まれていますね。
自分の趣味だけだと本当に偏ってしまうんですよね。
最近は雑誌の今月のオススメとかあとはラジオで気になる作家の人をメモしたり。
いつ読めるかですけどね。


とうとう買っちゃいましたか(*^^)v
商品到着が楽しみですね。


縫い目はいろいろですね~
細かすぎると縫い皺もできるし・・。
布への負担を考えれば少しくらい大きい方がいいのかも。

[2009/05/10 16:13]| URL | tomo #- [ 編集 ]
よかったですね
布絵本のメンバーの方にお会いできて。
ずっとモヤっとしたままの気持ちを抱いていらしたのではないかと思っていたので ちょっとほっとしました~。
すっきりしましたね。
[2009/05/10 18:53]| URL | M #halAVcVc [ 編集 ]
そうですね、私もかなり偏ってますね tonmoさんが面白いと思うのはどんな本ですか?私はとにかく現実逃避できるものですよ(^^;
煩わしい人間関係を忘れたくて本を読みます。本当は出会った人達との(毎日同じ人でも)一瞬一瞬を大切にしなければいけないんだけど…tomoさんはエライですね、素敵です。tomoさんのそんな人柄があるからたくさんの出会いがあるんでしょうね。
[2009/05/10 23:38]| URL | MK #- [ 編集 ]
おはようございます
>Mさん
そうなんですよ。ずっと心のどこかにひっかかかったままだったんです。
思いがけず出会ったって所が自発的じゃないんですけど・・"^_^"

やはりどこか図書館に対して敷居を高くしてしまっていました。
かなりホッとしてます。


>MKさん
私の好きな本はビジネス本が好きでした。
過去形なのは最近読んでいないからです。
心のあり方とか書いてあるのも好きです。
生きかたとかも。
ビジネス本はナポレオン・ヒルやマーフィー・
スティーブンコーヴィーとか
日本人で言えば・・本田建、斉藤一人、小林正観とか好きでかなり読みました。
寂聴さんの本も好きでしたね。小説は辻仁成を読んでました。
私も現実逃避しながら読み終えてすっきりするものを選んで読んでいました。
芸能人の本の中では島田紳助さんのを読みました。響いてくる言葉が多くてメモしながら読んだのにそのノートはいずこに?状態です。
娘を思う大きな気持ちと思いやりの気持ちに凄いなぁと思いながら読みました。

和裁の修行中からず~~~~っと持ってる絵本は(これよくいろんな人に紹介してる)
『僕を探しに』って絵本が好きで落ち込んだ時によく読んでいました.
続きの絵本で『ビックオーとの出会い』もあります。この二つの絵本当時大好きで大好きで和裁の修行の中で心の支えでいてくれた片思いの人にプレゼントしました。
とっても喜んでくれました。(懐かしいな~)
凄い簡単な絵の本ですけど深いです。

そんなに褒められると・・・私を知ってる人がネットの画面の前で笑っているはずです。
いつも肝っ玉母ちゃんって言われることが多いです。
肝っ玉は???ですが田舎の母ちゃんってタイプだと自分でも思います。
せめて母さんくらいにはなりたいんですけどね。(^^ゞ





[2009/05/11 07:00]| URL | tomo #- [ 編集 ]
そうですね~
tomoさんのように思えたらよいですね~。
どうも私は性格がいがんでいて、よくないですね~。

私がお気に入りなのは、幸田文さんと青木玉さんですね~。幸田文さんの小説も面白いですが、エッセイも好きです。

「木」と言う薄い文庫本があるのですが、姉や弟に対する劣等感をさらりと書いておられる所がすごいなぁって思っています。
木の肌を着物の柄に例えて覚えていかれたり、結構なお年になってから縄文杉を見に行かれたり、すごいバイタリティだなぁと思います。

他の本では文さんの父幸田露伴との生活を綴っているのですが、文さんから見た偉大な父露伴と一人生き残ったみそっかすな自分と、玉さんから見たわがままな祖父露伴と健気な母文の対比が面白いです。

畠中恵さんや梨木果歩さんも割と軽く読めるので好きです。
作家さんがあとがきとかで面白いとおっしゃっている本を読むのも好きです。

植物学、自然科学、哲学、動物学、物理学、なかなか難しいですが、自分の好みでは読まない本が読めて楽しいです。

寺田寅彦随筆集も文語文ですが面白いです。
[2009/05/12 18:46]| URL | 晴嵐 #- [ 編集 ]
読みたい~
着物の本の紹介でよく見かけていました。
幸田文さん。

お父さんが幸田露伴だとゆうことも知りませんでした。私。(*^_^*)

それにしても晴嵐さん、文学少女ですね~。
たくさん引き出しがありそうですね。
かばんの中に文庫本を入れておくと待ち時間とか苦にならないですよね。
ず~~っと私のバックに入ってるのは家紋の由来・・
なかなか前に読み進めません。(^^ゞ

本の紹介ありがとうございます
[2009/05/13 06:14]| URL | tomo #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。