スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
福沢諭吉 訓
大阪の修行時代・・
仕事部屋の検針器の上に掲げてありました。

その当時、いい事書いているなぁとおもいつつ・・・・
まだ二十歳頃の私は・・・夢見る夢子さんの頃。

部屋とYシャツと私のような・・結婚生活にあこがれていた私。
旦那様の帰りを部屋の掃除をして待つみたいな。
(ここで笑いたくなった人、笑ってよろしい)

その福沢諭吉 訓 を300円均一で見かけたんですよね。
まず見たときになつかしいぃ~~~~

でもその時に見た言葉の意味は二十歳の時とは全然違っていたんですよね~。
人生訓として大好きな言葉はいっぱいありますが
修行時代見慣れていた言葉、なかなかこういった生活が出来ないですが
好きなんですよね~。

福沢諭吉 訓

世の中で一番楽しく立派なことは一生涯を貫く仕事を持つこと。

世の中で一番みじめなことは教養のないこと。

世の中で一番寂しいことは仕事のないこと。

世の中で一番醜いことは他人の生活をうらやむこと。

世の中で一番尊いことは人のために奉仕して決して恩に着せぬこと。

世の中で一番美しいことはすべてのものに愛情を持つこと。

世の中で一番悲しいことはうそをつくこと。


ふとPCの電源を落としかけて・・この言葉が目に入ったのでそのまま書いてみました。

皆さんの思い出の言葉はなんですか?



[2009/01/13 00:03 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<宝くじ買うぞ! | ホーム | 一月・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。