スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ずっとお休みしていましたブログ
久々にひらいてみました。

お休みしてる間にいろいろありすぎました。どこの家庭でも同じですね。

まず、家族のこと
夫とは離れて生活しています。離れている事でお互いに思いやれている感じがします。
長女は看護師、次女は長女と同じ看護師になるために専門学校へ
長男は工業系の高校生になりました。

私は事務したり和裁したりな生活でしたが、今年6月に体調を崩し
海綿静脈洞症候群といい動脈瘤が見つかりました。
25㎜の巨大な瘤で、目の神経を圧迫していたために眼瞼下垂があらわれ
その後目は開いたものの斜視のようになりすべてが二重に見える複視という症状になりました。
救いは脳の中ではないのでくも膜下のように破裂はしないだろうということで
その後、検査入院をし初診の先生の薦めで岡山大学病院へ転院

転院後も検査入院しましたがカテーテル検査がつらかった(;ω;)


手術の方法としては、髪の生え際にそって耳の辺りまで切除し開頭
動脈瘤があるところへの血流の流れをとめるために
腕、肘から下の血管をとりそれで別のルートのバイバスをつくるというもの。
首の動脈もとめるのに首も切開するとか。
開頭だけで倒れそうなのに首に腕⁉︎ビビりなので想像して((((;゚Д゚)))))))


手術まで万が一の事考えたり、複視のために眼帯して生活していたのでそれで片付けしたり
だけど、、そうゆう時はいろいろ続くもので息子も夏休み中に手術入院
何が何だかな状態でした。息子も無事手術も終わり退院してからは今度は自分だと
いろんな思いが山になり谷になり、、開き直ったりのくりかえし。
自分で思い返してもかなりなもんでした。

そしていよいよ手術、2日前に入院して検査(MRI)歯科検査などするんですが
入院初日の(MRI)でなんとなんと、、、動脈瘤が消えていました。
血管は少し太い状態でしが数ヶ月に一度の経過観察となり、それで退院となりました。
今もまだ頭痛もあるので薬は継続して服用していますが元気です。

この病気で3ヶ月近く仕事から離れ、いろんな事考えました。
今は仕事に戻りましたがもどれてうれしい気持ちと同じように、病気から学ばないとなって
思っています。

いろんな人に迷惑をかけ心配させました。病気をしてきづけた事も多かった。



ウソのような本当にあった話 本当にあったキセキ

スポンサーサイト
[2014/11/19 11:09 ] | 未分類 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。