スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
遅っ^^;レポート続き。





毎日の行事に追われつつ・・更新が遅くなりました。
まずはレポートの続き
講演の内容は江戸風俗研究家でいて三味線、日本舞踊に親しまれていて
深川の花街で生まれ育ち現在は富山八尾町の越中おわら節を習得するため現地で
生活をされているそうです。
その方の講演
演目は『間違いだらけの現在の着付』
内容は・・・強烈な出だしからスタート。
ですがほんとうにそうだな~と納得。
講演をされた先生は男性なんですがなんとも身のこなしがしなやかなこと・・・
裾引きで踊りながらの登場・・その後三味線を爪弾いてくださったり・・・
そして」毒舌さえ渡る講演でした。

そして午後からは技術講演
高坂先生の『各種縫込みの始末・仕事人の理想』
青木先生の『テレビ朝日系で17年ぶりに放映されました『必殺仕事人』の舞台裏話など』

高坂先生は午前中、目を奪われたゆがみのきつい着物の仕立てを展示されていて
私が食いついてみていた時に、どうしてそうなるか?と質問を投げかけられた先生でした。
きれいに仕立てられた(当たり前だけど)単の着物と羽織を綺麗に着こなされていました。
午前中は洋服だったのに・・・・
よほど食いつくように見ていた私が印象に残ったのか青い色の服を・・・と公演中に言われ、、、
(ちょっとだけ恥ずかしい気持ち)←似合わんが。
綺麗な仕立てだったので真似しようと思いながらしっかりと拝見しました。
懐かしい関西弁の講演と惜しげなく映像でコツを紹介してくださったりで本当に満足です。
さっそく単の額縁真似しました。
私は裾2分5厘、衿下2分の出来上がりで仕立てていますが先生はどちらも2分5厘で
仕立てをされていました。
線の引き方はいろんなところで見かけたことがあるんですが縫うときに
玉留めをしないで纏う(まとう)作り方をしたことがなかったのでさっそくこの仕立て方にチェンジ。
いいかもいいかもです。ですが出来上がりは今までどうりの寸法で仕立ててます。

あと・・仕上げの方法や袂の絞り方・笹止めの作り方(私は人形止めといってます)
袂の絞り方ですが・・・先日の話に書いた口下と袖底の縫い代が直線になること・・
先生は凄く簡単に仕立てられていました。
袋縫いの袂部分は縫わないで仕立てているんですがこれを袋縫いを端までしてから仕立てると
直線に絞れていました。
これを聞いていた私たちは・・先日時間を掛けたことを思い出し・・
えっ?そんな簡単なことで?
でもすぐさま帰宅後まねして作りました。

他にもまだまだ盛りだくさんの内容でもっと見ていたい!!!
仕事部屋にお邪魔して何枚か一緒に仕事をしたいくらいでした。
和裁の修行中にこのくらい意識があればよかったのにと後悔しています。が・・・
こういった講習会に参加させてもらってるおかげでいろんなことを教えてもらえます。
プロのこだわりを持つこと、それがこれからの仕事にもつながるといった話をされていました。
私自身も意識を高めなければと思います。

そして掛け合いのようにお話をされた青木先生
必殺仕事人の仕立て人の田中君に仕立て屋の演技指導をされたとか・・
舞台衣装の話もされていました。
シェフの世界から仕立て屋になられた先生です。
お嫁さん募集中だそうです。とっても誠実そうな方でしたよ。。
良いご縁があったらいいですね~。

順番が逆になりましたが・・お昼ご飯は同じ建物の中にあるうどん屋さんでした。
20090714232630.jpg

講演終了後・・・本当はもっと高松をウロウロとしたかったんですが・・
皆さん電車の時間があるとゆうことですぐに帰途につきました。
それが残念でした。私←(子供のようです)
もうちょっとウロウロしましょうよ~(^^ゞ


スポンサーサイト
[2009/07/19 21:54 ] | 和裁士会 | コメント(5) | トラックバック(0)
はかま
昨日、和裁士会、岡山支部での袴の講習がありました。
4月に何か受講希望は?とゆうことで、、他の方も
何か希望を出してるものだと思っていたら・・私だけでした。
袴の仕立て方をお願いします!!
とゆうことで、袴を学ぶことになりました。
それにしても・・・・・すごい!!頭のなかがこんがらがってます。
よく出来てるなぁと感心しました。
職業検定を受検する範囲は昨日の講義の内容ではないのだけど
本当に昔の人の頭のよさには感心します。
紫のシンモスで作ったんですが、雰囲気もそれなりにかっこいいです。
まだ画像がないので後ほどアップします。

和裁士会の本では理解しずらいと思いましたが、なるほど~
忘れないうちに復習します。

他の和裁士のかたとも交流が持て、楽しい一日となりました。
国内縫製、和裁士が仕立てたとゆうタグを本部から送ってもらっていたので
これから仕立てる着物にはつける予定です。(たかがタグされどタグ)

それと・・試験の訪問着を見てもらいました。
やはり。いろんなしがらみがあるようで・・。都えりの仕立ては
Okです。とほめてもらいました。
着物はできてるから、細かな注意点を先生に告げ、他にどこかないかもう一度見てもらって
国検は卒業した先生にどこで受けるか指示を仰ぎないとゆうことです。

岡山受講に関しては今年は職業検定のほうに重点を置くことにしました。

長女が受験なのに・・
私もお受験です。あぁ~~~~~~~~
[2006/07/12 06:41 ] | 和裁士会 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。